30歳超え、低学歴でも今よりもいい職場に転職は出来る!

私は30歳の男性です。

今日は私が転職した時の話をしようと思います。

私の前職は広告代理店のDTPデザイナーという職業で、チラシやポスターなどのグラフィックデザインをIllustratorやPhotoshopなどのデザインソフトを使って作成していく仕事でした。

友人に誘われて正社員として勤めることになりましたが、
デザインが未経験な中、色々なツールを手がけていきました。

上手くいく時もありましたが、自分でも納得できないクオリティのまま泣く泣く提出するときの方が圧倒的に多かったです。

それでも何とか続けていればきっと花開くだろうと思って続けていましたが、
そんなある日付き合っていた彼女の妊娠が発覚しました。

家族を持ちながら、今の仕事を続けていくのは非常に厳しい選択肢でした。

と言いますのも私の務めていた広告代理店はそこそこのブラックで
・4年務めても給料は10万円台
・ボーナスなし
・残業代もなし
・サービス残業は必ずしなければいけない(休日出勤も当たり前)

こんな労働環境でした。

妊娠が発覚してからも何とか給料を上げてもらうために必死になっていましたが、デザインという仕事は僕はどうしても好きになれず…。

センスが無いと言ってしまえばそれまでなのですが、人によって好みの変わる、デザインの世界で僕はどうしても最適解を得ることが出来ず、労働環境の酷さもあり転職を決意しました。

体調不良や有給消化などで徐々に転職活動を続けました。

最初は転職エージェントというものを利用すればいいと検索でよく出てきましたので、電話面談というものをやってみたのですが、僕の経歴はそれほど良いとは言えません。

高卒で空白期間があり、中途半端なデザインスキル以外は何もありません。

なので紹介される職業と言えば工場(残業の多い)ばかりでした。

僕は転職エージェントに頼らずに自力で探すことにし、Indeedという職業サイトで必死に探しました。

そこで見つけたのが、校正の仕事。

少し前にテレビドラマでも放送されていた「校閲ガール」というもので、もしかしたら知っている方もいるかも知れません。

校正というのは文章の誤りなどをチェックして正確な形に訂正する仕事です。

僕は文章のチェックなどは好きでしたので思い切って応募することにしました。

それに前職と比べると職場の条件が良かったです。
例えば
・給料は20万円台
・ボーナスは年4ヶ月
・残業代完全支給
・仕事が無ければもちろん定時帰り

そういう好条件でしたので何とか入ろうと必死になり、面接は緊張しながらも、契約社員として入れることが出来て、6ヶ月経った後、無事に正社員として入社することが出来ました。

ブラック企業の時では考えられないぐらいの働き心地で、
人間関係や給与面、仕事の面白さなどすべてが変わりました。

もしこれを見ている方でブラック企業に務めている方がいるなら、
自分には無理だ…なんて思わずにチャレンジしてみてください。

僕は30歳、高卒、スキル何もなし、の状態から行動だけで真っ当な人生を歩めれる職場に転職する事が出来ました。

皆さんにとってのホワイト企業が見つかるように祈っています。
それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です