転職で仕事の楽しさを知ったわたし

わたしは、24歳の女性です。わたしは、大学を卒業してから外資系のホテルでフロントの仕事をしてきました。

フロント業務を2年間行ってきました。そして、2年くらい過ぎたくらいから夜勤の仕事が多くなりました。はじめは、日勤だけだったのですが、外資系ということで男女差別がなく、皆平等なので男性と同じ立ち位置で仕事を任されてきました。フロントの教育係としても頑張っていました。

しかし、丸数か月夜勤が続きました。すると、体調が徐々におかしくなってきました。わたしは、もともと生理痛がひどく、夜勤が多くなってから注射をして生理を止めながら仕事をしてきました。

すると、無理に薬で止めているので副作用で熱っぽくなったり、髪の毛が抜けたりすることが多くなりました。そして、ある日この仕事は、私にとって一生続けられ仕事なのかどうか疑問を持ちました。

わたしは、大学で英語英米文を学び、英語に携わる仕事を希望としていたので、ホテルのフロント業務で世界中の人と出会える最高の場所でした。

しかし、自分の体を犠牲にしてまで続ける仕事なのかと自分に問いかけたのです。将来のことを考えたら、ここは私のいる場所ではないとわかったので転職を考えたのです。

そして、人材派遣に登録しました。それはテンプスタッフです。テンプスタッフに希望の条件を出して、職場を提案してもらえました。そして、紹介してもらえた会社で3か月働いたあと、会社の評価でその後正社員として認めてくれるとう流れでした。

わたしは、経理を希望しました。未経験でもとってくれるIT企業に転職しました。

しかし、実家から通えることはなく、一人暮らしをすることとなったのです。なぜ、経理の仕事を選んだかというと、企業にとってなくてはならないもの、そして、将来性があると思ったからです。

一般事務ではなく、奥の深い経理の仕事をしたかったのです。どの会社でも経理は必要だからです。

そして、専門知識も必要です。専門的分野に転職すれば、責任感は必要ですがすごくやりがいを感じると思ったからです。そして、IT企業にした理由は、運よく未経験でも大丈夫だったからです。

給与は、前職よりも交渉可能であったし、福利厚生もしっかりしていて夏休みもあり、土日休み、海外研修などわたしの興味のあるところへいくこともできるからです。

わたしは、転職してから5年そこでがんばっていました。主任にも昇格できました。転職を悩んでいる方、あきらめずに自分の天職を求め、みつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です