準正社員から始まる会社と正社員から始まる会社は待遇が明らかに違う

私は、35歳になる男性です。

転職しようと思ったのは、勤め先の福利厚生の待遇が変わってきたからでした。
私は、転職する前の会社では正社員で入社して働いていました。

研修期間の間は準正社員として働き3ヶ月間は、会社の雇用ではありませんでした。

その為、健康保険と年金を払うので給料がほとんど無くなる時もありました。
しかし、3ヶ月経ちやっと正社員として雇用され保険証も会社側から受けとりました。

私としては、会社で健康保険と年金を給料から引かれることは、金銭的に救いになりました。

特に、健康保険は助かりました。会社側で負担してくれるので有り難かったのです。

また正社員になり給料も3000円アップして基本給が160000円程になったので、残業すれば生活が何とかやっていくことが出来たのです。

ですが、そんな矢先に私がインフルエンザになり1週間は絶対安静と病院の先生に言われ家で休みました。

私は、休みたくはありませんでしたが、病気のことを会社側に告げ会社を休みました。

その後から会社側の待遇が悪くなったのです。

まず、体か良くなり初日に言われたのが、診断書のことでした。会社側では、労務に関わることだからと言っていました。

その為、私は病院で診断書を貰えるか訪ねました。しかし、再診して数日しないと出来ないと言われたのです。

私は、仕方なく数日待ってから診断書を貰うことにしました。そうして、診断書には結構なお金が掛かることも解りました。

私は、そんな大事な診断書を会社側に提出したのですが、会社側は疑いを持っていました。

数日経ってしまったので疑うのは解ります。しかし、インフルエンザと診断書は事実なのです。

ですが、会社側から言われたのは、アルバイトとしての再雇用の話しでした。
アルバイトだと、雇用もまた自分です。

やっと正社員に慣れたと思ったら一瞬で無くなりました。また、アルバイトですと働く時間も労務上決まったいるようです。

会社側の話しでは、働く時間は5.5時間までしか雇えないそうです。

なので、私は会社側とは相性が合わないと感じてその話しを半分まで聞いて会社を口頭で辞めたのです。

私は、会社を辞めて暫くたちハローワークで手続きをして仕事探しを初めました。

ハローワークでは、良いと思う所はもう面接が出来ない所が多かったです。
なので、私は全く違う業種を選択してみました。

そこが、サービス業の工具屋さんです。私がハローワークで見つけた仕事でサービス業は開かないページでした。

しかし、不思議です。

何となく興味がてらに開いたページが目にとまり、ひしひしと働く意欲を増す項目が載っていました。

給料も、福利厚生も家族手当も何もかもそうです。そうして、私は面接する会社を見つけたのです。

面接が上手くいき働き始めると仕事にのめり込みました。

その為、工具の名前が頭にどんどん吸収されていくので、今では働いていて毎日新鮮です。

私は、この仕事が天職かなとこの頃働きながら実感しています。また、今の会社は待遇が素晴らしいです。

働き始めると直ぐに保険証を渡して貰えますし、給料も、前の会社より断然いいです。

私が思うにハローワークの転職は天職に導いてくれる火付け役になったのだと転職してみて実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です